東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. Q:「梅ジュースやあんずのコンポート、お砂糖はどうしているんですか?」
 

Q:「梅ジュースやあんずのコンポート、お砂糖はどうしているんですか?」

質問を頂きました



Q:「梅ジュースやあんずのコンポート、お砂糖はどうしているんですか?」


A:「きび砂糖や米飴を使っています」



梅やあんずなど初夏を代表する果実たちは、
なんとも甘いいい香りがしますが、ものすごく強い酸味を持っている果実です。


ですから、デザートやジュースにするために、どうしてもお砂糖が必須。
それも、ちょっとではなくて梅なら梅と同量ぐらいのお砂糖が。


「青梅ジュースのレシピ、どれを見ても氷砂糖だし、甘過ぎて…」というお声を
今回、自由が丘アンジェリのイベントで出展している際に何人かから頂いて、
ああ、私だけじゃなかったのね、と改めて思いました。


青梅やあんずの綺麗な色味を演出するためには、上白糖や氷砂糖がいいのですが、
あのキーーンとした甘さは、私はどうにも好きになれなくて。


紆余曲折を経て、現在の私の梅ジュースは、
お米を糖化させて水あめ状にした「米飴」と「きび砂糖」を6:4の割合で使っています。


色味は、若干渋めになりますが、それより味を選んでいます。


あんずのコンポートも、きび砂糖を使っています。
甘さの質の違い、機会がございましたら、ぜひ味わってみてください。




さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約