東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. 【 調理力中級初夏クラス@「炒める」レッスン。無添加中華にチャレンジ 】
 

【 調理力中級初夏クラス@「炒める」レッスン。無添加中華にチャレンジ 】

調理力講座中級クラスが始まりました



満月の日曜日に、調理力中級初夏クラスがスタートしました。


まず、下ごしらえをしたお肉としないお肉を
同じように炒めて、食べ比べてみました。


…全然違うんですね。
これが「お肉の臭みがない」「これだけで美味しい!」と
言われる所以です。


中級クラスでは、
このような実験+発見+実感を通して、
その美味しさを創り出す理屈を理解して
調理力をめきめき上げてもらおうと企んでおります。


実験は楽しい。
錬金術を習得する第一歩でもあります。


そんな入口から入ってみると
料理は、女の義務でも愛情でもセンスでもなくて、
老若男女共通の生きる科学ということが腑に落ちてくる。


自分自身の、そして、家族や共に生きていく人々に
活力と生命力を差し出すという神聖な行為、
共に大切にしてまいりましょう。


無添加中華の極意 ~炒めものと中華風スープ~



おうち中華に関しては、
「オイスターソースを使うと全部同じ味になっちゃう」
と参加者の方が言われていましたが、うん、そうなのです。


鶏がらスープも同じく、です。


それには、うまーく潜む形で「あの調味料」が含まれているからで
それなりに美味しくはなるのですが、
私は「なんちゃって美味しさ」と定義しています。


ですから、厳密に言うと、
オイスターソース使用は、無添加中華ではない、のです。


それとは別に「本当に美味しい!」が存在するということです。

けれど、いざ調理!という段階になると、
多くの方は、中華料理は、あの中華の調味料類を使わないと
中華の味にならないと思っている…。


にんにく、ねぎ、生姜を使って中華スープを作りながらも
「えー、これで中華の味になるとは思えない…」と言っていましたが、
味見をした途端「わ!本当に(中華に)なった〜!」と感動されていて、何より何より^^


CMの効果って、改めて、すごいですよね〜^^


切干大根のサラダ



切干大根といえば、煮物が定番。
巷の健康意識が上がって、居酒屋のつきだしやお弁当、お惣菜屋でも
普通に存在する定番おかずになっていますが…
ちょっと飽きていませんか?

戻し方ひとつで、
くらげみたいなコリコリした食感を演出できるのです。

煮ない切干大根。
火を通さない切干大根。

おつまみとしても人気です。



初夏の養生法



季節の養生としては、
暑くなってきたゆえの「汗の内攻」についてお話しました。
そして、その対策としてのこんにゃく温湿布を実践。

「小豆カイロをチン!するものよりも長持ちする!
まだこんなに温かい!」と驚きの声が。

からだがしんどかったら、料理はやりたくないNo.1行為になるかと思います。
でも、多くの方がからだのマイナートラブルを我慢しながら、
もしくは、気づかないまま過ごされています。

からだがラク!という実感があるほうが
はるかに軽快に、楽しく料理ができるということを
この講座ではめいっぱい体験していただこうと思っています。



次回は、洋食メニューで!



次回は、6/2(日)11:00〜15:00で
洋食メニューにトライいたしましょう。


定番ハンバーグを牧草牛100%で作ります。
デミグラソースか、大根おろしソースか、
両方作るか?は当日決めます。


牧草牛が気に入ったら、手に入れる方法もご案内いたしますね。


コンソメキューブを使わないコンソメスープも作ってみましょう。


ハンバーグとくると、じゃがいもを添えたくなりますが、
新じゃがを使って、
ポテトフライにするか、
マッシュポテトにするか、
定番ポテトサラダにするか、
当日の気温や皆さんの体調、好みで決めましょう


◆単発参加、まだお席ございます。



◆8月スタートの初秋クラスも募集開始いたしました。



◆繰り返し学べるしくみも充実!ぜひご活用ください!

中級クラス×1回修了者 ⇒ 体験レッスンにサポート参加(無料)
中級クラス×2回修了者 ⇒ 初級クラスレッスンにサポート参加(無料)


  

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約