東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. 日々の料理ストレス、がっつり減らそう その2 〜道具編〜
 

日々の料理ストレス、がっつり減らそう その2 〜道具編〜

日々の料理ストレス、がっつり減らそう その2 〜道具編〜

料理ストレス がっつり減らそう 〜道具編〜

 

「え、これ、すごく使いやすい」

「軽くてラク!」

「どこで買えるんですか?」

 

と質問を頂くケースが増えてきて、私の愛用包丁をまとめて取り寄せました。

 

 

愛用包丁とは、右から2本目の刃渡り約14pぐらいのものです。

 

 

一番右のグローバルの三徳包丁は、

たとえば、先日の酢豚用に肩ロース肉の塊を切るときには

活躍しますが、普段の野菜料理はもっぱらコレ。

 

 

手に馴染んで使いやすいのです。

手と一体化するといいますか!

 

てこの原理です「重いと疲れる」&「余計なチカラが必要になる」

 

 

 

私は、女性にしては、手が大きいほうです。

「色は白いけど、大きな手ね!」と、

子どもの頃から母親によく「白魚のグローブ」と評されてきました^^

 

 

その私の手に、この小さな包丁が馴染むわけですから、

より華奢で小さいな手の女性たちが

普通サイズの三徳包丁を日常に使っていたら

かなりの負担になっているかもしれません。

 

 

でも、金物屋に行って、まず勧められるのは、この普通サイズの三徳包丁。

男性の手にはこれぐらいがちょうどいいのですよね^^

 

 

そういう包丁を日々使っている方が、

さろん楓の包丁コレクションの中からこの包丁を使ってみて

冒頭のように言われる…というわけでした。

 

 

非力な女たちが楽しく働くためには、余計なチカラを使ってはなりませぬ!

道具の面からも料理ストレスをもっともっと減らせます!

 

 

実際に体験してわかる!そんな体験が満載!

 

------------------------------------------------
~日々の料理ストレスを減らす~

「お届けごはん料理教室」
------------------------------------------------
この春開講です。

◆調理力講座初級T&U
4/20(土)・4/21(日)「野菜の重ね煮」
※21日初級Uはあと1名さまとなりました。

5月にもう一回開講を考えています!

◆料理力講座中級 
「初夏クラス」全5回+梅仕事 5/19(日)スタート
「初秋クラス」全6回 8/18(日)スタート

 

 

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約