東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. さっそく夏バテ?!という方に。。。
 

さっそく夏バテ?!という方に。。。

さっそく夏バテ?!という方に。。。

さろん楓 真帆です。

いつもありがとうございます。

 

暑いですね。

おまけに湿度が高くて、なかなかに鬱陶しい夏2015です。

 

既に、この夏乗り切れるか?!と不安になっている方へ緊急ご案内です。

 

・・・日々の疲れやコリをふるゆさセルフでケアする。
・・・ときどき、ふるゆさ整体を受ける。

 

そんなふうに自分のからだと付き合うようになっている方たちから
冬場に聞こえてくる声が「冷えなくなってきました!」なのです。

 

からだの中、すなわち、内臓があったかくなってるのですよね。

 

そんな方たちからこの夏場に聞こえてくる声が
「暑いけれど、クーラーなしで大丈夫です」なのです。

 

そうなのです。
からだの中、内臓があったかいと
外気との体感温度差が少ないので
暑さにへっちゃらになるのです。

 

内臓が冷えていると大量の汗をかきますね。
それも顔に…。

 

また、呼吸が浅いと暑さに耐えられなくなります。

 

そして、エアコンをスイッチオンするわけですが、
そうすると、出たかった汗が内攻してしまい、だるくなるわけです。

 

夏、からだは汗を出したいのですよね。

 

さらに、深く呼吸をしようにも、
肩や背中がガチガチになっていると、
肩甲骨の付け根と肋骨のところがロックされてしまって、
横隔膜がうまく上下できずに、
胸でうっと詰まった感じになってしまいます。
息苦しいです。

 

呼吸ってお腹の中のマッサージですから、
そうすると内臓は呼吸できない、
つまり冷えて固まっていってしまうのです。

 

熱中症にかかりやすいのは、暑さのせいではなく、
からだがそもそも暑さに対応できるだけの自由さを失っているせい。

 

先日も「お腹にこんなに空気が入って
おなかで呼吸ができるようになったのはうまれてはじめてです!」
という方がいらっしゃいました。

 

梅雨明け早々、暑さMAX!湿度満点の今日この頃。

 

体調を崩しがちの方、増えていますね。


もう夏バテ気味という方がいらしたら、
ふるゆさ整体に駆け込んでくださいませ。

 

随分と暑さと仲良くなれるはずです。

(私自身はノーエアコンで全然平気なのです・・・)

 

ふるゆさクイック(45分8,800円)で充分、元気回復可能です♪

 

お役に立てたら嬉しいです。

 

受付スケジュールは → こちら
お申し込みは 下記↓ からどうぞ!

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約