東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. 味噌を仕込みました
 

味噌を仕込みました

さろん楓ふなだまほです。

いつもありがとうございます。

 

旧暦でいうと、大晦日に当たる日、

さろん楓では、味噌を仕込みました。

 

味噌の原理は、ものすごくシンプルなんです。

茹でて柔らかくなった大豆と麹と塩を混ぜ合わせるだけですから。

 

ただ、家庭で、そんなに大きな鍋、そんなに大きなボウルなどは

普通は存在しないですから、

家庭で、そこそこの大きさの鍋やボウルを使って

うまく味噌を仕込める方法に特化してお伝えしているのが

さろん楓の「マンションでもこんなに美味しくできる味噌作り」です。

 

まず大豆を茹でます。

水が少なくなったら足して、を繰り返して5〜6時間。

圧力鍋だと早いですが、私はそれほど大きな圧力鍋を持っていないので

一気に茹だる大豆の量が限られることになってしまいます。

ですから、大きなお鍋を二つ用意して、普通に水から大豆を茹でます。

 

 

大豆が指で容易につぶせるぐらい柔らかくなったら

すり鉢とすりこぎで潰して、塩&麹と混ぜ合わせて、

甕に詰めていきます。

 

この詰める作業が愉しいのです。

ボール状に丸めて、

勢いをつけてぼんっと甕の底に叩きつける。

 

遊んでる…のではなく、空気を抜くためなんですが、

いかに腰を入れて、ドスンといい音を出すか、

つい競い合いたくなり、「遊び」が生まれますね。

 

かつて、息子は、皆が味噌玉を甕に叩き入れるその音を聞いて

点数をつけてましたっけ。

 

ドスンといい音が出るとなんとも気持ちがいい。

 

そうやって甕に詰めた味噌がこれ。

 

 

どこの家庭にもある普通のサイズのお鍋、ボールなどで

毎年味噌づくりができるよう、コツをお伝えしています。

 

今シーズン、あともう1回仕込もうと思います。

ご一緒したい方いらしたら、

infoあっとsalon-fu.netまでご連絡くださいませ。

ご希望の日程で行えるよう、調整したいと思います。

お子様連れも歓迎です。






さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約