東京奥沢 台所玉ねぎ
なつかしくて新しい
お弁当・お惣菜 美味しいお酒にごはん
料理教室・食生活相談

印南真帆オフィシャルサイト

Tel:03-6337-2341(台所 玉ねぎ)

E-mail:info@salon-fu.net

E-mail:info@daidokoro-tamanegi.jp

  1. さろん楓 印南真帆のブログ
    「食べることは、生きること。無駄なく、無理なく、美しく」
  2. ひ・ら・つ・か
 

ひ・ら・つ・か

さろん楓ふなだまほです。

いつもありがとうございます。

 

私の生まれは、神奈川県の平塚市。

中学2年生から川崎市に引っ越してしまったから、
家はもうない。

 

中学は、横浜の私立に通っていたから、
つながっている友達もいない。

 

だから、平塚は私にとって、ずっと遠いところだった。

なんとなく、封印したい過去めいたところもあったのかもしれない、
と今になって思う。

 

昨年、春だったろうか、
生家のあったところやその周辺、小学校を訪れた。
大好きだった海辺の公園にも行ってみた。

 

7月、七夕祭りにも行ったりしてみた。

 

昨年夏から、亡き父上の命日に、
父上の思い出深い平塚でライブをやっている友人がいる。
8月8日、去年も今年も足を運んだ。

 

今年の夏は、小学校時代の塾の同窓会があって
知っているようで知らない昔の知人たちと
30年の時を一気に埋められるんだということが証明された。

 

湘南の地に、平塚に私の居場所はあるんだって思えた。

私は存在していていいんだ。
ちゃんと存在していたんだ。

 

30年前の私を認識している人がいるという事実から

自分で自分を赦す、そんな感覚。

 

だから、私が大好きだった海辺の、
あの頃とまったく変わらない公園と
これまた通っていた教会の間にある
白い綺麗なサロンに興味を持ったことも
そこを訪れたことも必然だったのかもしれない。

 

最近は、自分を俯瞰したいとき、ふらっと東海道線に乗る。

 

心の距離感が縮まると
物理的な距離感はいとも簡単に飛び越える。

 

だから、平塚はとても近い場所になった。
そう思えていることが嬉しくて。

 

満月の午後、平塚の地におりました。

 

振り返ってみると、
こんなふうに想定しないことが起きるとき、
必ず誰かの存在がある。
人の動きがある。
人とのご縁がある。

 

そこに、自分の意思と選択が絡まりあう。

 

縦糸と横糸が重なり合って、
織られていくタペストリーのように。



★   ☆   ★



さろん楓では、今日もタペストリーが織られています。

 

からだ、こころ、食の中にある
小さな「あり得ない」を「ある、ある!」に。
「不可能」を「可能」に。

 

自分がもっているいろんな「あり得ない」が変わって
「なんだか心地いい」が増えていく。

 

螺旋階段を一歩一歩踏みしめて登っていると

いつの間にか、ずいぶん景色が違って見えることに気づく。

 

あるときはワープしたりもする。

 

そんなふうに時空を旅してまいりましょう、これからも。

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください


メール:info@salon-fu.net

電話:03-6337-2341

所在地:東京都世田谷区奥沢3-31-10

営業時間:11:30〜20:00

定休日:木曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約