居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. テンションや期待感が上がれば上がるほど、抵抗感や恐怖感も高まる…
 

テンションや期待感が上がれば上がるほど、抵抗感や恐怖感も高まる…

テンションや期待感が上がれば上がるほど、抵抗感や恐怖感も高まる…

先週土曜日は「感情のワーク」でした。

 

このワークをスタートして3年目です。
AC勉強会をスタートして5年目。
さろん楓が誕生して9年。
二度めのAC自覚から12年。


癒しって流行りがあるなぁと思うのです。

 

3年前ぐらいからかな、
「感情を味わう」「感情を感じ切る」「ネガティブな感情を感じ切って解放していく」
みたいなフレーズを多く見かけるようになりました。

 

感情が癒しの鍵だというようなことが言われ出したんですね。

 

そうすると、少なくない人が

「ネガティブな感情を解放しなくちゃ!」
「感情を感じ切らないと!」と動き出すようになった。

 

正直なところ、私は驚いた。

 

「感じること」は、とても静かな微細な感覚だから、

私の周辺では、静かに、ニュートラルな感じでじっくり、気長いスパンで
「感じる」「表現する」を試みていたのに、なんてテンションが高いんだろうって。

 

それぞれの体験は違えど、
私も含めて、感情を抑圧してきた人々の中で起きていること、
感じることを回復するために必要なステップは、皆同じ。

 

頑張ったから、結果を得られるというものではないのではないか…って。

 

当時、私にとって「感じてない自分」というのは、落胆の対象ではあったけれど、
感情を感じ切ったら○○になる…!という期待感はさほどなかった。


でも、テンションや期待感が上がれば上がるほど、
抵抗感や恐怖感も高まるのです。
これは自然の摂理ですね。

 

でね、先ほど書いた
「私も含めて、感情を抑圧してきた人々の中で起きていること」

とは、感情に対する恐怖です。

 

感情について学んでいったら、
私は、感情そのものは知っていた。

だから「感じてない自分」ではなかった。

「感じて」いた。
言葉と感覚はちゃんと自分の中でつながる。
でも、それを認める怖さ、表現することでどう思われるだろう?という恐れがあった。

 

でも、それを分かち合ったとき、怖いのは私だけではないと知った。
そして、その怖さも含めてわかってもらったときに、感情ってこんなに温かいのだと知った。

ちっとも恥ずかしいものではないと知った。

 

期待感が高まれば高まるほど、恐怖感が増す。

だからね、まずその抵抗、恐怖というハードルを超えたいんだよね。

 

…そんな想いからスタートしているワークショップです。

  ↓     ↓     ↓

5.21(土)感情のワーク 〜感情に対する「恐怖」「抵抗感」をとりのぞく〜



以下、参加者から頂いた感想です。


言われてみれば当たり前のことばかりだけど、
これまで感情についてそんなふうに思ったことはなかったし、
誰もそんなことを言ってる人はいなかったし
誰にも教わっていないし、そんな認識がなかった。


「頭では、「感情に良いも悪いもない」とか、感情はエネルギーだとか
わかっていましたが、なかなか感情を感じ切るということができずにいましたが、
今回のこの体験を通して、これからは恐れも抵抗感もなく、自然に感じ切ることができそうです」

 

彼女からは翌朝、こんなメールが届きました。


「疲れ過ぎて、中々、寝られず、具合も悪くなって来て、
寝てからも、何度も何度も、疲れた???!!と、目を覚まし、今朝も、極度の疲労!!??
    
表面的には楽だったけど、感じにくい “ 怒り ” を扱った事もあり、
私の奥の方では、重労働だったんだなぁ。と思いました。

ともあれ、これから、色々と使えそうです♪ 」


うん、それだけ怒りを抑えようとする力が強かったよね。

 

このワーク、ものすごくパワフルな効果、あります。

日曜日の開催はやめてくれ、土曜日にしてくれと言われているワークです笑

 

次回開催は来年5月…と思っていますが、

もし、2名様以上でご要望があれば、ご希望の日程で開催させていただきます。
もちろんランチつきで。時間、内容、費用同じです。

 

ご興味ある方がいらしたら、infoあっとsalon-fu.net 真帆までお寄せくださいませ。

 

今回のランチは、

生トマトとほたるいかのパスタ/ごぼうのセサミサラダ/きのこの重ね煮サラダ でした。

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約