居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. 料理が苦手。めんどくさい。でも、料理上手な女になりたいという欲張りなあなたへ
 

料理が苦手。めんどくさい。でも、料理上手な女になりたいという欲張りなあなたへ

料理が苦手。めんどくさい。でも、料理上手な女になりたいという欲張りなあなたへ

さろん楓 真帆です。

いつもありがとうございます。

 

重ね煮プライベートレッスン再開しています。

写真は、基本の千切り重ね煮。


これがあれば、瞬時にいろいろなアレンジ料理が作れるのです。

 

昨日は、この重ね煮から

●あんかけ

●ビーフン

が、

もうひとつ、きのこ4種の重ね煮から

●味噌汁

●ハーブマリネ

が、一気にできあがりました。

 

だから、これが冷蔵庫にあれば、

実に強い味方となるわけ。

 

家族のごはんをマネージメントする主婦にも
ワンパターンになり過ぎずに栄養面と食のバリエーションを
広げたい一人暮らしの方にもお役立ち。

 

婚活中の男性にも、オススメかも!

 

そういう「便利さ」と「自然界との調和」の両方を兼ね備えている重ね煮は、
やはりエゴを手放す究極の調理法だよねと思うわけです。



☆    ★    ☆



でもね、昨日のレッスンにいらした方も言っていました。

「真帆さんと一緒に料理することは、楽しみではあったのだけど、

ずっと料理する際に母親から下手だの、違うだの、いろいろ言われてきたから、

上手に切れないとか早くできない、とか、そういう姿を見られるのがちょっとコワイ」って。

 

うん、うん、多くの方がそれを言われます。

 

お料理って、火を使うから、包丁を使うからって

私たちは、子どもの頃から、ずっと管理監視の元でやらされているのですよね。

 

だから「きちんと、ちゃんと」できないとダメなんだと思い込んでいる。

 

はさみやカッターを当たり前に使いこなせるのは

放っておいてもらって、自分で試行錯誤してきたからです。

 

自由に遊び心を持って、試行錯誤して、作るというプロセスを知らないのだったら

心底料理を楽しめるはずがない。

そう思います。

 

だから、さろん楓でのレッスンは、敢えてプライベートレッスンにして、

感性を開いて、野菜の生命と遊んでもらうことを

影なる主眼としています。

 

これ、周囲に人がいたら、なかなかできないから。

 

「大根ってほんと美しい」

「ほんとだ、玉ねぎを内側から切ると音が柔らかい、違うね」

「洗って泥を落としたにんじんの色、キレイ」

「あれ、このごぼう、やわらかくて、うわっこんな匂いがするんだっけ」

 

だから、からだの使い方も大切なんです。

五感を開いて、野菜と会話するような時間を重ねて作られた料理が

美味しくないはず、ないでしょ?

 

いのちとの対話なんです。

料理の本質はそこだと思うのです。

 

やり方を教えたら、あとはこんな時間を自由に過ごしてもらいます。

言い方悪いけど、放っておきます^^

 

そうやって料理していた彼女、野菜を重ねた鍋を見て

何度も「アートみたい」と感激して、切っていました。

 

過去には「黙々とやって千切りの自信がつきました、という方もいらっしゃいました。

 

そして、その大切な本質を毎日毎度のこととしてどうやって

自分の暮らしに取り入れるか。

毎瞬毎秒、そんな思いで料理できるわけではないから。

そのエッセンスもふんだんにお伝えしています。

 

そのあたりがわかってくると、

料理ほど、エロティックな行為はないし、

毎日の積み重ねだから、時間はかかれど、セクシュアリティを高める最上の道。

女を磨くために、やらない手はないというところにおのずとたどり着くと思うのです。

 

 

料理が苦手。どちらかというと嫌い。めんどくさい。

でも、野菜を食べる生活をしたい、家族に彼氏に喜ばれたい、

料理が上手な女になりたい、という欲張りなあなたに贈ります。

 

重ね煮プライベートレッスン → こちら

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約