居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. 【ふるゆさセミナー】「誰かにふるゆさをするとき、相手と向き合うと同時に自分とも向き合っている」

【ふるゆさセミナー】「誰かにふるゆさをするとき、相手と向き合うと同時に自分とも向き合っている」

M.Mさん(介護職・42歳)

【ふるゆさセミナー】「誰かにふるゆさをするとき、相手と向き合うと同時に自分とも向き合っている」

まほさん

 

ふるゆさセミナー4カ月間ありがとうございました。
この4カ月間で自分の身体を大切にする術を学べたこと、とても嬉しく思っています。
一緒に学んだ仲間にも感謝です。

 

人の身体をほぐし癒すものは、癒される側の心地良さだけが重視されるもの。
それが、ふるゆさは癒す側の心地良さも同じように、もしくはそれ以上に重視される。
「えっ? そんなのいいの…?」「疲れても辛くても、相手のために我慢して尽くさなくていいの…?」
そんな風に思ってしまう自分でした。

 

私がさろん楓に出会ってもうすぐ一年。
なんだか早いようにも感じるけど、色々なことで疲れ果て、脱け殻の様だった一年前を思い出すと、

そこから這い上がった苦しくも長い時間だった気もします。

 

その苦しみの元となっていたのは、自分の思考や感情だったことも、

そしてそれにもちゃんと理由があるということも、

さろん楓でのまほさんの言葉が私を納得させ、そして救ってくれました。

 

ふるゆさもそのひとつです。
これまで、自分の心や身体がどんなに辛くても悲鳴を上げても、

仕事のために、相手のために、当たり前に無視し続けて来ました。


ふるゆさの「自分を大切に、自分が楽でなければ相手も心地良くなれない。」というあり方を体感し、

私自身がそんな風になりたいと思いました。

 

誰かにふるゆさをしてあげているときの自分は、

相手と向き合うと同時に自分とも向き合っています。

自分が辛くないか、心地良いか、自分にとても優しいのです。

 

いつも、こんな自分でいたい…。
私の今年のテーマです。
頑張ります…
じゃなくて、楽に行きます(笑)。
ありがとうございました。



 

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約