居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. 男女共生「男性性×女性性の統合・調和へ」 第5回 「善悪、正誤の判断」から「共感、違い容認」へ
 

男女共生「男性性×女性性の統合・調和へ」 第5回 「善悪、正誤の判断」から「共感、違い容認」へ


男:

 

まほさんが「同感」と「共感」は違うと話してくれましたが
相手に対する「敬意」が一番のポイントだなと。
自分と違っていても、否定しないで
それもありと受け入れられる度量の大きさが必要。
「自分が正しい→相手は間違っている」という思考パターンではなく、
相手も正しいと思えると自分も相手もラクになる。





人は皆、誰もが自分の信じる道、自分が正しいと思う道を生きていますね。

それはそれでいい。

 

でも、「自分が正しい」と正義をふりかざしてしまうと、
自分の正当性を主張したいがために、
相手が間違っている、何かが間違っているという主張をすることになる。

 

「正」を求めれば求めるほど、
同時に「邪」「悪」という概念を生み出します。

 

これほど不毛なものはないですね…


それに反論されると
その相手を地の底まで引きずり下ろすことで
自分の正当性を証明しようとしたり。

 

Facebook上でも多いですね。

 

これ、心理ゲームといいます。

(続AC勉強会の初回で学びます)

 

心理ゲームではない、コミュニケーション・キャッチボールができるように。

 

 

そのためにも「同感」「共感」の違いを知っておくと

こういうおはなし会でも、自分と意見が違う人とも話せるようになります。

 

おはなし会で、いいコミュニケーションができるように

冒頭でいつもお伝えしています。

 


関連エントリー

さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約