居場所がないような想いをしてきたあなたへ
安心感と自分の本質を手に私らしいしあわせな毎日を
東急多摩川線鵜の木駅徒歩3分
ごはんの美味しい総合ヒーリングサロン

「楓」と書いて「ふぅ」と読みます

info@salon-fu.net

東京都大田区鵜の木2-23-12 2階
  1. 男女共生「男性性×女性性の統合・調和へ」 第4回 「男に愛される女」から「一緒に働きたい女・応援したくなる女」へ
 

男女共生「男性性×女性性の統合・調和へ」 第4回 「男に愛される女」から「一緒に働きたい女・応援したくなる女」へ


男:

 

オトコが好きなのは、「美人」とか「かわいい」とか
表面的な外見上のポイントもあるけど、
「パッサパサでないこと」「潤っていること」
「冷たくなく、温かいこと」「固くなく、しなやかで柔らかいこと」
を本能的に求めている気がする。





この部分は、やっぱりそうだよね、と
実は膝を打ちたい想いでいます。

 

これ、まさに「ふるゆさ®」の目指す境地だから。


「男に愛されよう」とすると
女には変なスイッチが入ってしまうように思う。

 

何と言いますか、

従おうとするような。

小さくなるような。

言うことを聴くような。

 

なんだか意見を言っちゃいけないという気がするんです。

(私の偏見でしょうか?笑)

 

一生懸命「自分」「私」であろうとしているのに、

「愛されよう」と思った瞬間、受け身になる。

 

少なくともね、前回(→こちら)書いたように、

母親の愚痴を浴びて育った娘たちは、

素直に男に愛されようとは思えなかったりするわけです。

だって、見下すか、畏怖するかの2つの道しかない。

 

だから、めいっぱい頑張ろうとする。

認めてもらおうと人一倍努力する。

 

でも、そうすると、

「パサパサ」で「乾いた」

「冷たくて」「硬い」あり方になっちゃうんじゃないかって。

 

だから、言葉を変えたいんです。

 

目指すは

「男が一緒に働きたい女」

「男に応援される女」
「男に尊敬される女」

です。

 

どうかしら?

けっこういい響きじゃないかしら?

 

でね、今、周囲の男性たちに

「一緒に働きたい女」像、

「応援したくなる女」像のインタビューをしています。

 

これ、興味あるでしょ?

なかなかに素敵な回答を頂いています。

何よりも真剣に、誠実に答えてくれるその姿勢に感動します。

(いろいろな年代、いろいろな職業の方に聞いています)

 

そして、私自身は、その答えの中に

女性として無理のない在り方、しなやかさを失わない在り方を

もう既に発見しています。

 

早く伝えたくてうずうずしてますよ。

 

そして、その姿は、後からやってくる若き妹たちに
「あの人みたいになりたいな」

「ああいうふうに働き続けたい」

「ああいう生き方もあるんだね」

「ああいう生き方もかっこいいかも!」

って、たくさんの素敵な選択肢を見せることにつながっていく。

 

私たち、30代、40代、50代は、

そういう責務も担っていると思うのです。

 

でも、別に女だけで頑張る必要はなくて

男性と共に創っていけたらいいですよね。

 

 


さろん楓 

小さなことでもどうぞお気軽にお問合せください

メール:info@salon-fu.net

所在地:東京都大田区鵜の木2-23-12 2階

営業時間:10:00〜21:00

定休日:金曜日

サロン情報・アクセスはこちら

ご予約